人の役に立てる医療事務の仕事をするためには?

医療事務を目指そうと思ったきっかけになったのは、友達が病院で働いているのを見て、私も誰かの役に立ちたいと考えたからです。
すぐ戦力として貢献するため資格を取り、そのあと約6年クリニックで働きました。
仕事内容は、患者さんが受診した際の受付や対応、月締めでのレセプト作成などが主なものです。
医療事務はサービス業ですし、その医療機関の顔とも言われていますから、評判が落ちないようにするためと、体調が悪い患者さんが安心して受診できるように、いつでも笑顔で接することを心がけていました。
地域密着型を公言していたとおり、住民のみなさんから大変信頼してもらっているのを感じながら、仕事をすることができていました。
今は家庭の事情で退職していますが、もしまた機会があれば、同じ職種にて働けたら嬉しいと思っています。
医療事務求人状況は?資格とっても働けない?【上手な就職方法】